USAKOの3D格闘録

普段は洋服を作っているのですが、PC上でも3Dの服を作りたいミシンを作りたいと格闘中です。
<< MorphVOX Proというボイスチェンジャーで遊んで見ました | main | 建物関係の間取り、3Dの室内画像が作れるソフト >>
Crazy Talk Animatorを使って見ました
0


    昨日記事を書いたCrazy Talk AnimatorPROCrazy Talk Animator SE の違いはなんだろうと両方試用させて頂いたしたところ

    SE版は
    取り込み出来る画像はフェイスのみ。
    オリジナルキャラを作る場合は顔しか設定が出来ない。
    ボディは既存のボディがいくつか用意されているので、それを組み合わせて使う事が出来るが、癖の強いアメリカンなタッチである。
    利用できる素材数が少ない。

    PROはボディ等の自作の素材の取り込みが出来る。
    なので全部自分のタッチで作る事が可能でした。

    SEにはこのキャラクターにあうボディが無いので、フェイス読み込みで体ごと読み込ませて、顔の部分だけ設定してあります。

    なので口パクはしますが、体は動かせません。(歩いているように見えるのは頭が歩く時に動く時の動きに連動しているからです)
    ただリップシンクは自動でやってくれるので、この機能だけでも十分ありがたいですね。

    画像読み込みが出来ないので、髪の毛が目に掛かっているキャラクターですと、まばたき時に変になります。
    PROは画像読み込みで、前髪後ろ髪、各からだのパーツごとに読み込みが出来るので、表情の差分とか遊べます

    体は動かせませんが、よくこういうあえてぬるぬる動かさないアニメとかもありますから。そういうのを作りたい方にはいいかもしれません。

    いろんな方向からぐるぐる回して遊びたいと言う方は3Dでモデリングして遊ぶほうが自由度が高いですが、
    アドベンチャーゲームとかでメインが立ち絵で、表情をくるくる変えたい!という用途にすごく使いやすいと思います。

    個人で恋愛シュミレーションゲームとか作ってる人、これ便利だと思いますよ〜!!
    作りたい方向性でこれもありだなって感じです。
    私は3Dより2Dのほうが性に合ってるっぽいです

    SEは無料でつかえますし。今これを使って「擬人化ミシンさんが擬人化ミシンさんが貴方にあったミシンを紹介してくれる動画を作ろう!」という趣旨で動画を作っていますBY USAKOの洋裁工房  
    | 手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房 | Crazy Talk Animator | 23:26 | comments(0) | - | - |









    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 夏侯惇のモデルを手に入れたので動画を作ってみた
      うさこ (07/21)
    • 夏侯惇のモデルを手に入れたので動画を作ってみた
      れいじ (07/16)
    • ダーツの縫い方用のサンプル画像のノースリーブのワンピース
      れいじ (07/16)
    • 夏侯惇のモデルを手に入れたので動画を作ってみた
      usako (07/16)
    • 夏侯惇のモデルを手に入れたので動画を作ってみた
      れいじ (07/07)
    • DAZで日本人の男性のキャラクターを作ってみました
      うさこ (03/29)
    • DAZで日本人の男性のキャラクターを作ってみました
      miyazaki (03/29)
    + カテゴリ
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE